植物図鑑/有川浩

野草を狩って料理するラブコメ。 料理美味しそうで巻末にレシピまで載せてある。 ストーリーには分量に比した内容はないがさすが有川浩らしくしっかり読ませどころを押さえてある。なかなか面白かった。植物図鑑 (幻冬舎文庫)作者: 有川浩出版社/メーカー: …

闖入者

昨日は出社。疲れたのか今朝は惰眠を貪り起きたの昼すぎ。 遅い朝ごはんというか朝昼兼用ごはんをリビングで食べようとしたとき、台所から微かに謎の音が聞こえてきた。 「きっきっきっきっきっき」 何かが軋る音? すぐに静かになったので安心して食べ始め…

夏の風物詩

朝マンションの階段でひっくり返って脚をあわあわしているアブラゼミに遭遇。毎年のことだが指につかまらせてやって一階まで運び、手近な街路樹にくっつけてやった。木に移す時に羽の根元掴んだら、ビビッ!と鳴いた。どーも、と言われた気持ち。

銀行総務特命/池井戸潤

池井戸潤の銀行モノのオムニバス。幅広いネタで飽きさせない。面白かった。新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)作者: 池井戸潤出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/03/14メディア: Kindle版この商品を含むブログ (4件) を見る

動画鑑賞

動画漁っていたら懐かしいものが公式配信されていたので見てしまった。 24時間テレビアニメスペシャル『海底超特急 マリン・エクスプレス』と『フウムーン』。 なんと1979年と1980年に放映されたもの。24時間テレビの「愛は地球を救う!」というテーマに沿っ…

奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い/木犀あこ

怖い本読みたいなあと思ってなんとなく手にとった本読了。角川ホラー文庫の第24回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作とのこと。 ストーリーの着想はなかなか良いが、幽霊たちが何がしたくて出てくるのかという必然がよく分からない点や、主役の作家と編集者との…

半落ち/横山秀夫

初めて読むのだと思ったが、読んでみたら、あらら?読んだことある気がする。でも読んでいてもはっきりとしたストーリーまでは思い出せない、という状態で最後まで読了。登場人物が章のタイトルになっていて、それぞれ違った視点で一人の犯人の謎の二日間の…

ダリオ・アルジェント監督「サスペリア」@吉祥寺ココマルシアター

幼少の頃に見たサスペリアのテレビCMが怖くて怖くて仕方なかった。記憶がおぼろげだが映像的には至って控えめで、血が流れたりなんだりはせず、今となってはなんであんなに怖かったのか分からないのだが心に刻まれて40年、未だに忘れられない。ここ数年く…

新海誠監督「天気の子」@吉祥寺オデヲン

夏季休暇最終日は近場で映画。席予約したのは良いが家を出遅れてタクシー呼ぶことになったのは誤算。 映画はまあまあ面白かったが細かいところいくつかよく分からないところがあった。 映画の後にドトールで一休みしてそのあとユニクロ行っていろいろ買い物…

小千谷散策

長岡花火の翌日は小千谷を散策。錦鯉の里で巨大な錦鯉を鑑賞。でかい口をパクパクさせているのが印象に残った。

長岡花火大会

毎年恒例の長岡花火大会に来た。今年も川西で見たがいつもとちょっと違って堤防の上のマス席から。綺麗だった。

青葉市子+内橋和久「コエトコエト」@吉祥寺キチム

青葉市子(vo, g) 内橋和久(g, ダクソフォン) zAk(音響) 吉祥寺キチムにて、青葉市子と内橋和久のデュオ。おまけに音響はzAkという豪華なステージ。青葉市子のディープで繊細で力強くて可愛らしい、不思議な世界に引き込まれてしまった。内橋和久の変幻自在な…

這いよれ!ニャル子さん6/逢空万太

ニャル子さんシリーズ第6弾。 相変わらず中身なし。クー子の従姉妹、クー音が賑やかしキャラとして登場。だんだんエロ度が増して露出と密着が過激になってきた印象。頭空っぽで読めるのはある意味強みか。這いよれ!ニャル子さん6 (GA文庫)作者: 逢空万太出…

死者の奢り・飼育/大江健三郎

大江健三郎は初めて読んだ。短編集。 「死者の奢り」が好き。死体保管所の話。不思議な叙情性を醸していて時代を感じさせない面白さ。次の「他人の足」も面白かった。病院生活の気だるい日常とそれを壊す非日常の顕現、そしてそれがまた膠着した世界へ戻って…

イーヨ・イディオット @渋谷 公園通りクラシックス

イーヨ(vo) 内橋和久(g) 中原信雄(b) 外山明(dr) 今夜は4年ぶりのイーヨ・イディオットのライブ。このメンツが醸す音楽は相変わらず絶妙なバランスと揺らぎが心地よく、果てしなく素晴らしかった。このメンバーで前売りとはいえ2,500円は安すぎでしょ。やは…

花咲舞が黙ってない/池井戸潤

花咲舞シリーズ第2弾。連作短編集。銀行業務のどろどろしたところやその中で人間味溢れる行動を突っ走る姿が非常に痛快で面白かった。半沢直樹もちょろちょろ登場して池井戸潤ワールドの世界が交錯するのもわくわくする。花咲舞が黙ってない (中公文庫)作者:…

河内音頭イベント

瑞姫(音頭)、あさひ雅子(音頭)、その他大勢の皆さん 伴奏陣 いちばけい(G)、小池梨沙(太鼓)、ALI(B)、その他生徒の皆さん ゲスト 山中一平 モクシー東京錦糸町のラウンジで開催された河内音頭イベントへ。山中一平の読売カルチャー錦糸町の教え子…

ビット・プレイヤー/グレッグ・イーガン

久しぶりにイーガン読んだ。日本オリジナル短編集。 さすがイーガンという感じでコードウェイナー・スミスばりのスケールの大きな話で心がワクワクした。ビット・プレイヤー (ハヤカワ文庫SF)作者: グレッグイーガン,山岸真,Rey.Hori出版社/メーカー: 早川書…

さよならクラウン

パレスホテル東京の中の由緒あるフランス料理店クラウンが今月末で閉店するという。私にとっては結婚式を挙げた特別な想い出の場所であり、今回のお知らせは大変残念なもの。結婚記念日にはちょっと早いがクラウンとお別れのディナーへ。 落ち着いた雰囲気の…

本好きの下克上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第一部/香月美夜

なろうで異世界転生モノが一大ムーブメントとなっているそうだが、これもその一つと言って良いのかな。第一部の3冊を読了。 転生するときつまり現生での死を迎える時と、転生直後に自分が転生した事に気づくシーンが書き込みが粗くて説得力ないなあと思った…

ヒア・カムズ・ザ・サン/有川浩

品物や場所に残された人間の強い思いが見える主人公の物語。演劇集団キャラメルボックスで上演された。芝居の方は見ていないが、この本はなかなか面白かった。 キャラメルボックスは私が社会人になってから演劇好きの同期に連れられて何回も見に行った劇団。…

這いよれ!ニャル子さん5/逢空万太

ニャル子さんシリーズ第5弾。 我ながらよく読み続けているなあと思う。 今回はセラエノ図書館がネタ。黄金の蜂蜜酒が出てきたり、旧支配者の双子神ツァールとロイガーが出てきたり。この辺のネタはラヴクラフトではなくて主にオーガスト・ダーレスのネタです…

Oh!MOMONGA活動終了

先日活動再開のライブをやったばかりのOh!MOMONGAのこがゆきのから突然活動終了のお知らせ。これからまたライブ行こうと楽しみにしていたので非常に残念。結局2回しかライブにいけなかった。こんなことなら最後のライブの時に買ったCDにサインしてもらえば…

母入院

母具合悪く検査の結果入院となる。

虚実妖怪百物語/京極夏彦

久しぶりに京極夏彦作品を読む。なかなかの大作。虚実(うそまこと)とタイトルにあるように、登場人物は実在の作家や編集者の名前が沢山登場、架空の登場人物も沢山登場、入り乱れて物語が進む。今までの京極夏彦作品とはちょっと傾向が異なる印象。私は筒…

シアター!2/有川浩

「シアター!」の続編。まだ300万円の負債のうちごく僅かしか返済の目処が立っていないのだから続編があるのは当然。と思っていたら有川浩はこの続きを書いて完結させる気がないらしいということがネットの情報を散策していて分かってしまった。せっかく面白…

有川浩脚本集 もう一つのシアター!/有川浩

シアター!の別冊。脚本の形で「シアター!2」で語られなかったエピソードが語られる。なかなかこれも面白かった。 有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫)作者: 有川浩出版社/メーカー: アスキーメディアワークス発売日: 2011/05/25メデ…

這いよれ!ニャル子さん4/逢空万太

懲りずにシリーズ第4弾を読了。主人公・真尋の母親が登場。それから美少年キャラも登場。 相変わらず読み終わるとすっと頭から抜けてしまうがまあ読んだ。 這いよれ! ニャル子さん 4 (GA文庫)作者: 逢空万太,狐印出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: …

Oh!MOMONGA 11thライブ「嘘の嘘はほんとかな?」@横浜O-SITE

活動を休止していたOh!MOMONGAの活動再開ライブ。会社都合で30分くらい遅れてしまったのが残念だが期待どおりの楽しいステージで非常によかった。 横浜O-SITEは初めて行くハコだったので駅に着いてからもちょっとタイムロス。会場まえに到着した時に扉の向こ…

コサギちゃん

木金と体調崩して休んでしまったので今日は出社。途中で出会ったのがコレ。水路をひょこひょこ歩いている小ぶりな白鷺。調べてみたら白鷺には主に大きさが違うダイサギ、チュウサギ、コサギといるそうだ。こいつは大きさもちいちゃいし、指が黄色、そして頭…