なれる!SE16 2年目でわかる?SE入門/夏海公司

なれる!SEシリーズ第16弾。最終話。
前巻からの続きでついに師弟対決に決着。
これまでの主要登場人物がいろいろ活躍を見せてシリーズ最終話にふさわしい。
そして最終話らしい疾風怒濤、スピード感のあるストーリー展開で一気に読まされてしまった。
シリーズ最後まで高いレベルを保ち続けて素晴らしい。
このシリーズは会社の若手に読ませようと思った。久しぶりの大ヒット!間違いなし!!

なれる!SE15 疾風怒濤?社内競合/夏海公司

なれる!SEシリーズ第15弾。
最後のエピソードは2冊構成。
相変わらず仕事パツパツなのにさらに追加の仕事を任されて、顧客の提案支援に行ってみたら、それは違う商流で社内の別チームが提案活動している案件だった!という話。これまで主人公の直属上司でいろいろな苦難を共にしてきたスーパーエンジニアでヒロインの室見立華と別チームとなり争う立場となってしまう。すなわち師弟対決。
ドキドキの展開!

なれる!SE14/夏海公司

なれる!SEシリーズ第14弾。
周辺キャラにスポットをあてる短編集。

  • 世にも奇妙な?ビジネスアライアンス
  • ガテン系?女子の幸せ獲得術
  • 社長が働く?日
  • 立華ズ・ブートキャンプ

の4編。特に世にも奇妙な?ビジネスアライアンスの話が長編と同じくらい読み応えあり。面白かった。

なれる!SE13 徹底指南?新人研修/夏海公司

なれる!SEシリーズ第13弾。
今回のテーマは新人育成。一気に10人採用した新人指導の担当をさせられて、癖のある何人かの新人対応に四苦八苦する話。社会人としての常識がない新人に苦労するのは普遍的テーマなのね。私も昨年度の新人に手を焼いているので共感するところが多数あり。ストーリーは最後うまくいくが、現実は甘くないね。でも非常に面白かった。
パワーは健在。素晴らしい。

ナポレオン狂/阿刀田高

直木賞受賞の短編集。
阿刀田高は今まで1冊くらい読んだ気がするのだが、ちゃんと読むのは初めてなのかもしれない。短編の名手と言われるのが今回よく分かった。思わずうまいと唸ってしまう感じ。ブラックな笑いと恐怖。面白かった。

ナポレオン狂 (講談社文庫)

ナポレオン狂 (講談社文庫)

新しいベッド

スプリングがへたってしまったため新たに購入したベッドマットが今日届いた。今まで使っていた奴は同時に引き取ってもらいおさらば。物に愛着を持つ方なのでちょっと切なく見送った。ドナドナ。
さて今日の寝心地はどうかな?