死ねばいいのに/京極夏彦

インパクトのあるタイトル。よく考えると心がキュッと冷えてゾッとする言葉だ。とある殺人事件について様々な関係者の1人目、2人目と、微妙な心理と葛藤が会話で展開されていき、この言葉が決め言葉になってストーリーが昇華する。面白い。さすが京極夏彦。うまいなあと思う。

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)