1973年のピンボール/村上春樹

僕と鼠シリーズ第2段。
相変わらずストーリー的な面白さはよく分からないが、最初読んだ時より慣れたのか、何やら言葉にうまく表せない面白さをそこはかとなく文章の塊の中に感じるようになってきた。豊饒な言葉と高いエントロピーで内的世界を無限に押し広げられるような力を感じる。、、、気がする。