マクベス/シェイクスピア著・松岡和子訳

蜷川幸雄の芝居は見たが原作ちゃんと読むのは多分初めて。
シェイクスピアって子供の頃のイメージは格調高い文学の代表格みたいなイメージだったけど、今読むと超エンターテイメントな作品なんだなあと思う。人間の普遍的な心理を豊潤な言葉の奔流で表現する力は凄みさえ感じる。